MENU
HOME ブログ 構造家 川口 衛 先生

構造家 川口 衛 先生

: 2008.06.22   : ブログ   :

12.jpg

6月16日に構造家 川口 衛 先生の講演に参加しました。
日本建築家協会北海道支部長 豊嶋さんのアトリエKBで行われ、
オリンピックの構造について2時間以上のセミナーでした。
川口先生は日本を代表する構造家の1人でバルセロナオリンピックのホールを設計され、
若い頃には丹下健三氏の代々木屋内総合競技場の構造を
3次曲面の当時、最も難しい吊構造を、そろばんと計算尺などでまとめられたそうです。
日本の現代建築で最も美しく素晴らしい、また力強い建築です。
30分の1のコンクリートと鉄で造った4m位もある構造模型の写真は迫力とエネルギーに満ち溢れていました。
時代の勢いもありますが、未だ超えられない建築の本質を感じました。
川口先生は非常に明晰で自然体の方で、講演後の民謡も自然体で歌われ
全てを楽しまれておりました。
建築の想像力を非常に明快に合理化する構造の大切さを痛感しました。

22.jpg

札幌中央区の現場もサッシュが入り仕上の段階となりました。

6月24日18時より北海道大学大学院工学研究科 繪内先生のセミナーを
札幌内田洋行U-calaで行います。
省エネについての環境建築のお話ですので是非ご自由にご参加下さい。

(遠藤謙一良)

Twitter

遠藤建築アトリエ公式ツイッター
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archives

RecentPost

Meta

お知らせ:建築ジャーナル2017年12月号No,1273に掲載されました

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 建築ジャーナル2017年12月号No,1273に掲載されました

2017.12.14 : 建築ジャーナル20...