MENU
HOME ブログ 建築ツアー 3

建築ツアー 3

: 2008.11.04   : ブログ   :

10月17・18日と仙台からレンタカーで南下して福島県・栃木県へ行き、
磐木市の水族館アクアマリンを観る。
suizokkan1.jpg
東北最大規模の水族館でヴォールトのガラス屋根に覆われ美しい建築です。
内部は大屋根の下をガラスで仕切られたり、
スペースをゾーンで分けられ内部と外部の区分けが自然で
特に生物の生息環境を再現している展示は天窓から太陽光が入り

大変気持ち良い屋外のような空間でした。
suizokkan3.jpgsuizokkan2.jpg
シーラカンスの調査など独自の視点で運営されており

前浜に広がるビオトープの試みも素晴らしい施設でした。
suizokkan4.jpg

sazae1.jpgsazae2.jpg
つい時間オーバーしてしまい、次に会津若松へ向い重要文化財さざえ堂を観る。
木造の二重螺旋スロープ(?)の構成で、
行き帰りが別になっている通路だけの不思議な建築です。
登り降りで宗教的意味を得る空間です。
複雑で、見ても構造がすぐわからない構成ですが、
階段でない傾斜が滑らないギリギリの設定をされており、
名作の1つでようやく観る事ができました。
ただ、周辺環境が土産店に囲まれ雑然としており、
文化財の環境として疑問が残りました。
nagatoko1.jpgnagatoko2.jpg
夕方、喜多方市の重要文化財熊野神社長床を観る。
簡素な中に柱と大屋根のプリミティブな建築でしたが、
東北の敷地環境雰囲気に良く合っていました。
niki1.jpgniki2.jpg
niki3.jpg
翌日、那須の二期倶楽部の訪問許可を得て、各施設をゆっくり観ました。
3人の建築家・デザイナーで順を追って建てられた建築群で構成されていますが、
4万坪の土地の中でゆったりとした時間と心地良い空気・風が流れるテラスでランチをとり、

倶楽部の時間を少し楽しむ事ができました。
niki4.jpg
空間・時間・人(サービス)が特別な場を創る事を実践しており素晴しく、
特にさりげない造園にセンスの良さと多くの手間が入っており、
自然を気持ち良く感じる工夫に感心しました。

hiro1.jpg
hiro2.jpg
hiro3.jpg

時間オーバーで広重美術館と石の美術館を訪れました。
広重美術館は屋根と壁が細い木のルーバーで覆われ、
部材として繊細で竹の虫カゴに入っていくイメージでしたが、
建築空間としての感動はあまり感じなかったです。
ishi1.jpgishi2.jpg
ishi3.jpg
石の美術館は民間施設で、展示内容より水面の上に架かるアプローチと
空間のシークエンスが新鮮で回遊型の楽しい建築でした。
作者隈研吾の”反オブジェクト建築を溶かす”指向に可能性を感じて
これからも建築を観るつもりですが、
形の力オブジェクトの建築の可能性も
大きく感じておりさらに考えていきたいと思っております。

遠藤 謙一良

Twitter

遠藤建築アトリエ公式ツイッター
2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

RecentPost

Meta

お知らせ:沖縄 首里の家

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 沖縄 首里の家

2017.07.24 : 沖縄 首里の家...