MENU
HOME ブログ (blog)花川 K HOUSE

(blog)花川 K HOUSE

: 2008.12.13   : ブログ   :

kh6

kh5

石狩花川の鉄骨造住宅がスタートしました。
経済寸法・経済スパンを検討し、独立基礎の
ローコスト基礎と構造で計画しました。

柱は125角の細さで、全ての部材を錆びないように、
亜鉛メッキドブ漬けし、現場で組み上げてます。
構造を建上げる建方がスタートし、3日間程で、
ほぼ全景が現れました。
kh2
kh3
kh4
2階バルコニーのフレームは幅10.92m、高さ3.3mを一体で造り、
クレーンで吊上げてセットしました。
鉄骨造の特徴は木造に比べ、構造の自由度が高く、
開放的で、強度に優れた表現が可能です。

(遠藤 謙一良)

Twitter

遠藤建築アトリエ公式ツイッター
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

RecentPost

Meta

お知らせ:(一社)北海道建築技術協会(HoBEA)フォーラム2018 が開催されます。

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 CLT性能評価実験棟(仮称)の着工が決定しました。

2017.12.28 : CLT性能評価実験...