MENU
HOME ブログ フランス・パリ旅行(3)

フランス・パリ旅行(3)

: 2009.04.14   : ブログ   :

オルセー美術館で見た彫刻家フランソワ・ポンポンの白熊が素晴らしかったです。
長くロダンのアシスタントで仕事をし、60代で現在残る動物の柔らかいフォームの彫刻を創ったそうですが、力強い色々な表現をベースに柔らかく流れるように表現された形は独特の存在感を持ち、非常に親しみに満ちた作品で印象的でした。レプリカを持ち帰り楽しんでいます。

202.jpg  

もう1つ、2006年セーヌ川沿いに建てられた建築家ジャン・ヌーヴェルによるケ・ブランリ美術館を訪れました。
アフリカ・オセアニア・アジア等の第三国の様々な民族美術を展示した美術館で、広い敷地に広がる樹木や植栽の上に浮かぶカラフルな曲面とブースが印象的な建築です。
アプローチを含め長い動線の先に暗く、深みのある世界が展示美術と共に空間表現されています。
岩肌のように仕切りを皮でつくり、赤い色とあいまって生命力あふれる空間でした。

231.jpg 230.jpg 196.jpg 212.jpg 213.jpg 206.jpg

ここでもショップで小さなカバを購入しました。

rimg0049.JPG

(遠藤 謙一良)

Twitter

遠藤建築アトリエ公式ツイッター
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

RecentPost

Meta

お知らせ:徳島大会

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 作品集の伏見の家を更新致しました

2017.10.11 : 作品集の伏見の家を...