NEWS & BLOG

NOTICE

旭川 CLTパビリオン

旭川にて進めておりますCLTパビリオンのCLT固定の施工がスタートしました。 延床84㎡の建築の木構造を乾式で設置するCLTの特徴である工期の合理性と構造の特徴(キャンティレバーetc.強度)が表現されています。    

EAA-PROJECT 新社屋建方

木造の架構がほぼ終わり、構造の構成・空間の全体像が表れました。 屋根の3次曲面も表れ、曲面の屋根下地に大工さんが苦労して構造用合板を固定しています。日中訪れると梁の上部からの光が透過し、完成すると見る事が出来ない木架構の美しさを感じる事が出来ます。 2月中に構造見学会開催を予定致します。

福井県 年縞博物館・金沢

1月25日~27日は、金沢にJIAの北陸支部30周年記念大会に参加する為訪れました。 小松から建築化内藤廣設計の福井県年縞博物館に訪れました。気候も穏やかな若狭湾に面する三方湖のほとりにつくられた芸術的にも大変貴重な博物館です。堆積物が一年ごと重なった地層を崩さず重ねた貴重な地質です。建築は、湖に横に長く、配置された2階建の構成で、1階PC造のピロティの上にRC壁の外周部を細かい鉄柱で木造の登り梁の切妻屋根をささえる大変シンプルな構成・デザインです。年縞の気の遠くなるような展示サンプルの時間尾長さを建築の長さで表現する明快なコンセプトと建築の整合を感じました。シンプルな表現をささえるディテールは緻密でまた、素材の質感高く、長い歴史を受け入れる空間に相応しい質感と深みを感じました。建築の一端が盛土で支えられ、環境と一体化した構成もしっくりきて心地よかったです。夜、金沢市が開催する第3回市民向け建築セミナーに参加。行使に建築家 槇文彦氏、谷口吉生氏がお話する東京でもなかなか実現しないお2人の話でしたが、800人のホールがほぼ満席と、金沢市民の建築文化に対する意識の高さにふれ感銘しました。400年以上震災・戦火を受けていない街と常に兼六園、21世紀美術館そして谷口吉郎・吉生記念建築館と市行政自ら第一級の建築を街の財産としてつくり続ける意識の高さによるものです。JIA北陸支部は、大変密度の高い企画と食事、街案内と質の高い心のおもてなしが行われ、雪降る金沢の人が築く生きた第一級の街に感動しました。年末から2回目でしたが、まだまだ学ぶ事が一杯です。大会には、石川県知事、金沢市長も訪れ建築の大切さを語られていた事が深く心に残りました。 金沢城の雪景色モノクロームの深遠なる世界です。        

香港セントラル

今年に入り香港に2度訪れました。ホテルは香港の中心セントラルから地下鉄で3つ目、コーズウェイベイエリアによく宿泊します。 できた時間でその街にふれる事は興味深く、最も楽しく、今回はセントラルエリアを5時間位歩いて堪能しました。香港は、街それぞれに特徴がありセントラルエリアは金融の中心です。多数のオフィスビルがありますが、いくつか訪れた経験ではそれぞれ大変個性的にまた、デザインレベルが高い空間が多く見受けられました。海に近いオフィス街から山側の坂を登ると骨董のお店やアートギャラリー・カフェ・パブまた、伝統的建築物エリアと歴史を垣間見る歩いてみて学べて楽しいお店が続きます。美味しい食事が安く、また、床屋も立ち寄り、街を楽しめました。

EAA-PROJECT

昨年9月に着工しました弊社新事務所が建築構造材であるえぞ松の原木からの製材・乾燥を生産地の富良野で行い、最終手加工・チェックを小樽市の工務店の加工場で行いました。 富山県で特注の木材金物も12月に制作され材料が揃い、2019年1月15日より大工による建方がスタートしました。1月21日現在1階の柱、梁と2階床根太、2階の柱の一部と片持床が架構されています。 えぞ松の美しく力強い架構が建ち上がりはじめました。この架構が全て内部仕上げとなります。

ニセコ比羅夫別荘まもなく竣工

比羅夫で計画しています地下1階地上2階の別荘がまもなく竣工します。最上階リビングから羊蹄山を望む4室の個室からなる計画で、 無垢の水平梁と木柱が表しとなり、直接で登る階段のシークエンスに開口部が対峠する光と風景が印象的な住まいです。 外観は素材に石、木、金属を改装で分け、深みのある表現となっています。

札幌 五輪通山口歯科 上棟式が開催されました。

10月に着工しました札幌市南区川沿2条五輪通に面した五輪通山口歯科の上棟式が12月22日に施主御家族様・関係者のもと総勢14名で 盛大に開催されました。4ユニット構成全ユニットにマイクロスコープが完備される高度な治療を行うクリニックです。外観は、片流れの 三角屋根が特徴で、外壁の外側にスロープや3つのアプローチを包む雁木が一部外壁で囲われ、雨雪から訪れる人を守る機能と夕方からは、 光が内部から漏れる際に雁木空間で反射し全体が光にやわらかく包まれた印象的な景観となります。交差点に位置するクリニックが季節の 中で印象的で美しい新たな景観となる事を目指しております。 2019年2月に竣工致します。

ニセコ ELEVATION コンドミニアムが竣工しました。

北海道倶知安町 ELEVATIONエリアですすめていましたコンドミニアムが竣工しました。 RC造3階建で、柱型・梁型のないラーメン構造によるシンプルな空間構成となっています。 屋根型は、地区の景観条例により室内空間にも活かされています。 面積は、794.57㎡です。エリアの計画でエリア内区画全敷地から南面する羊蹄山を望む傾斜地です。 プラン計画では、西面の広がりに対し大きなテラスとリビングを配置し、暖かい光と羊蹄山の眺望を楽しむL型のコートハウスプランです。 各室からも隣接する美しい森や山並みを望む景観の変化に富んだ諸室がゆるやかに展開する構成です。 少人数から多人数まで充実して時を過ごす多様なライフスタイルに対応した質感溢れる空間です。

長野県 白馬コンドミニアムが竣工しました

白馬八方尾根スキー場に隣接するコンドミニアムが竣工しました。 1階が一部地中に埋まり土圧を受ける為にRC造、2階が木造の延面積495.98㎡の混構造で傾斜を利用したスキップフロアになっています。 南面に長く全居室が心地よい採光が楽しめる構成です。内部は、スキップフロアで2ヵ所のLivingがゆるやかにつながり、 それぞれその奥にプライベート空間が連続する構成です。積雪と雨水に対応した大きな屋根が特徴で内部は昼夜で光の印象が大きく 変化する計画により夕景から奥行きのある印象深い仕上げとしています。 光の反射する面は、さまざまに採色された絹布を貼り、自然光と人口光で反射する光の表情が変わる構成となっています。

NEWS & BLOG CATEGORY

Category
New Posts
Archives