NEWS & BLOG

PUBLISHED

北の森づくり専門学院

弊社設計計画中の北の森づくり専門学院が北海道建設新聞に掲載されました。 敷地は旭川市西神楽 道立総合研究機構林産試験場内。 道産の木材を使いCLT・コアドライ材による木造約1,400㎡の林業の専門家を養成する専修学校です。 改修部分は7月より工事スタートし、新築部は12月頃着工します。

「建築士2019.5月号」に掲載されました

建築士の全国誌「建築士2019.5月号」(800号)で特集「北の建築-温熱環境と建築の機能性」が組まれ、遠藤が全国の建築士に向けてのインタビューを受け、出版されました。 自身のこれまでの活動と、北海道の可能性と建築家の役割についてお話しさせていただきました。 インタビュー・編集では、東大の権藤智之先生に大変お世話になりました。 権藤先生の明快な編集によりまして、拡散しがちな思考がまとまりを持ったと思います。  

作品集に梅ヵ枝内科・眼科クリニックをUPしました。

作品集に昨年竣工しました、小樽の梅ヵ枝内科・眼科クリニックをUPしました。 敷地が幹線道路の角地であり、古い街並みが残る地域環境です。 建物は地域の落ち着いた色合いの中で少し明るい仕上げとし、低層のスカイラインを守りつつ曲面を多く使い角地での視線の変化にやわらかく対応しました。半円型の待合は道路に対し医院の存在感を建築としてしっかり表現し、夜間には地域の灯りとして新しい顔となる事を意匠しています。 かつての賑わいが溢れていた街並みが表情を失いかけている環境に確かな人が集まる場所をわかりやすく作る事がこれから求められている大切なテーマのひとつと考えます。

□「函館時任町の家」が有形文化財に登録されます

昨年、弊社で設計監理をさせていただきました 「函館時任町の家」が オーナー様の目標でもありました登録有形文化財に 今秋をもちまして正式登録されることが決定いたしました。 住宅の計画がスタートする以前から 歴史的建築が積極的に利用されて残ることを目指しておられた方で 現在では再現の難しい外観は極力残し、内断熱による断熱改修で 快適な生活を成立できるようにすすめ、 内部の微細な細工の施された座敷と縁側は 補修のみで残す方向で計画・監理を完了いたしました。 昨年には、リプランの「活かす!変わる!Re・home」に 歴史的建築が快適に使われる様子を取り上げていただき 今回は、文化財登録ということでオーナー様の意向が 結果として表れてきており、うれしく思います。 我々も、今後このように歴史的建築の積極的な利用が増えることを願っております。

伏見の住宅が竣工致しました。

眺望の中での暮らしと自然に囲まれた環境を目指して土地探しからスタートしたプロジェクトが竣工しました。 札幌の街並みから藻岩山の眺望を2階の主階の風景として四方に開かれたさまざまな形の開口部から望み食卓からはテラスに山々を背景に厨房からはパノラマ風景をソファからは座った位置で風景の下部の屋根をルーバーで隠し、子供のスペースからは机上に神社の森の様に対峙しています。 階段の街と山の堺にある事を感じます。 土地から空の青さが印象深い気持ちのいい住宅となりました。                          

ASH hair

札幌市北区屯田でASH hair(美容室)が着工致しました。 梁表しの大屋根が美しい平屋の美容室です。 8月にOPEN致します。

ひきち眼科 竣工致しました

眼科のエキスパートである、引地泰一先生のひきち眼科が竣工致しました。 札幌駅北口にありますヨドバシカメラ横の札幌北スカイビル14階に5月2日OPEN致します。 光をテーマに柔らかくくつろげる空間となっております。 高い技術の医療を提供するクリニックとなりまして、 手術の設備も整っており、白内障・緑内障などでお悩みの方は、御来院ください。

掲載情報

アポロニア21 2016年3月号 (No.267) 歯科医院経営・総合情報誌『アポロニア21』の2016年3月号に、「百石町デンタルクリニック」が掲載されました。 表紙と「今月の表紙」のコーナーに、クリニックの写真や建築の特徴に関するコメントが載っております。 ご覧いただけましたら幸いです。  

Category
New Posts
Archives