MENU
HOME 相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ 相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ03

相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ03

3.基本計画~基本設計

案の詳細を煮詰めたり、家具の形状や設備電気の仕様、設計に含む全てものの仕様や寸法を決めていきます。
お客様に内容を理解いただけるようパースを作成したり、実物サンプルを見ていただいたりしながら、コストも含め確定していきます。とはいえ、時によっては新しい案が急に生まれて180度方針が変わったり、縮尺を変えて模型を作ったり・・・。柔軟に設計を考え、より良い形に持っていく場合もあります。

意外と勘違いをされている方が多いのですが、「設計契約」という堅苦しいことをしたからといって案が完全に決まったり、予算やスケジュールを動かせないわけではありません。
工務店に坪単価いくらで用途を満たすだけの建物を頼むのとは違い、建築家との設計はお客様がそこで医療福祉施設を運営し、お客様も、そこを訪れる人たちも良い意味で価値を得られる場所を創る、夢を描く作業です。
私たちにとっては、よりよい建物を設計することこそが価値あることであり、この基本設計でお客様と共に最良の空間を創造することが最も大切な時間です。
規模にはよりますが、約3ヶ月程度この期間が必要と考えています。

お知らせ:石狩市花川の歯科クリニックが着工いたします。

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 石狩市花川の歯科クリニックが着工いたします。

2017.05.16 : 石狩市花川の歯科ク...