MENU
HOME 相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ 相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ02

相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ02

2.初期提案~設計契約

ヒアリングで集めた情報を元に、初期提案を行います。
イメージをお伝えするための平面図、パース、またその場所でどう医療・福祉施設が成り立つか、立地環境から読み取った建物に必要となるコンセプトなどです。
これは数案ある場合もありますし、一案一回のお打ち合わせで決まる場合もあります。何度かお打ち合わせさせていただき、設計者とお客様のイメージ共有をさせていただく場合もあります。
案がまとまってきましたら、概算お見積もり、設計~施工~竣工までのスケジュールをお出し致します。
内容がほぼよく、イメージがまとまってきましたら、そこではじめて遠藤建築アトリエと設計契約を結んでいただきます。
(設計契約時に全体設計料の1/4、設計料が総工費の10%の場合では、予定総工費に対しますと2.5%をお支払いいただきます)
契約は通常特にご指定が無ければご説明いたしましてJIA(日本建築家協会)の書式で行いますが、別の書式をご相談いただくことも出来ます。

お知らせ:浜松市都田町 白のMINKA

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 浜松市都田町 白のMINKA

2017.11.21 : 浜松市都田町 白の...