MENU
HOME 相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ 相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ06

相談から医療・福祉施設が出来るまでの流れ06

6.現場監理

工事契約が終わると、設計事務所は現場監理を行います。
工事が法律、また標準仕様に対し適切に行われているか、建築・構造・設備・電気等に対し、一週間に1回以上訪れチェックし写真に残し、現場にて施工業者の代理人と協議や検査を行います。
現場を訪れない間も、最終的なデザインの詰めである設計図で描ききれないディティールの打ち合わせを行ったり、施工図のチェックを行ったりします。
現場の段階で外壁の色や塗装の色など、お客様と実際現地を見ていただきながら決めたり、段階的にお客様ともお打ち合わせを重ねます。

設計図の出来が良くても、色や細部の形状など現場監理をしっかりと行わないとデザインは崩れてしまいます。

お知らせ:作品集に円山ロフトコートを追加致しました

住宅設計

住宅をお考えの方へ

医療・福祉施設設計

医療・福祉施設をお考えの方へ

一般建築設計

その他の建築をお考えの方へ

新着情報 新着情報選択 作品集に円山ロフトコートを追加致しました

2017.09.09 : 作品集に円山ロフト...