WORKS

千歳スカイコートの家

RESIDENCE

構造規模
木造2階建(新築)
延床面積
190.25㎡
建築面積
111.53㎡
敷地面積
286.50㎡
建物用途
専用住宅
所在地
千歳市
竣工年
2011 年
建具
木製サッシュ 一部樹脂サッシュ
外壁
1F:左官仕上、トドマツ羽目板張 2F:ガルバリウム鋼板スパンドレル葺
屋根
サンタックIBシート防水、エックスロン鋼板(エックスロン防水システム)
概要
敷地は低層住宅が並ぶ住宅街の角地に位置します。
敷地南側に建つ住宅は1層であることと、それに接する道路上空がはるか先に抜けており、視線を遮る障害がないといことから、2階を生活の基準とし空の眺めを楽しめる設計をしました。
2階南側に並べて配置したリビング・ダイニング・キッチンには、ペアガラスをコーキングジョイントで長さ約9mのフレームレスの出窓を配置、高断熱ながら開かれた居住空間としました。窓側には温水パネルヒーターそして換気用のベンチレーターを設けており、リビング・ダイニング・キッチンの熱環境を調整するための重要な部分となっています。
夏場は庇により日射コントロールを行い、冬場は太陽高度の低い日射を部屋の奥まで取り込みます。
ベンチレーターとハイサイドライトの開口窓の組み合わせにより、パッシブ換気の効果で、夏場に上昇気流により室内に空気の流れを生み出す工夫をしています。
南側の大開口をメインの開口とし熱環境的不利になる北側設置窓は極力配置していません。
長期優良住宅として劣化対策、耐震性、省エネルギー性などの住宅性能を高め、中でも熱損失係数値をQ値が1.0以下となるように断熱性能に配慮し、暖房費用を大幅に削減しています。

デザイン性を損なわずに、高断熱・高気密により高い快適性を実現するすることを目指した住宅です。

*位置情報はプライバシーの保護により正確ではありません。