ABOUT

私たちについてAbout Endo Architectural Atelier

遠藤建築アトリエは北海道小樽市出身の建築家、遠藤謙一良の主催する設計事務所です。Natural Life Style(生き生きとした空間)を求めて人は過去より様々な空間を求めて建築や都市をつくり続けてきました。建築はシェルターとして安全さから始まり、より快適な環境を目指して今日の形に至っています。建築の計画には、様々な要素の検討が必要です。その要素はそこに住む・使う人によって大きく変わります。

・便利でエネルギーを含め合理的であること
・日本文化の特質を生かした質感の高い空間
・心地良く体に馴染むスケール感と空間構成
・生活の拠点として心安らぐ環境
・以上の拠点を大切に、様々な状況の中から出会った方々や敷地の関係と力を十分考慮し、最良で唯一の形をつくること。

上記の項目を念頭に、追い求めることでその場所にある意味や、場所と人が関わり合う強い空間・建築を作ります。敷地環境の力が十分考えられた、個性的で五感に響く、質感の高い空間、Live Space をつくる手掛かりはいくつもあります。遠藤建築アトリエは、空間のデザインだけではなく、その建物に必要なポイントを整理しそれらの解決をクリエイティブへと昇華し総合的にバランスある計画を行います。 私たちは、お客様の目線で最適なコストバランスの中で最適な提案をし、設計を行います。


Endo Architectural Atelier is a design office headed by Kenichiro Endo, an architect hailing from Otaru City in Hokkaido.
From days of old, human beings have built buildings and cities in their quest to actualize all sorts of different spaces, seeking to create a Natural Life Style.
Architecture started from the desire for safety in the form of shelters and has evolved into its current incarnation along a journey aiming for ever more comfortable environments. Planning in architecture requires the consideration of an array of elements. And these elements change dramatically depending on the people who will live in or use the building.
- Easy to use and streamlined, including energy usage
- High quality spaces highlighting the unique qualities of Japanese culture
- A comfortable and form fitting sense of scale and spatial composition
- A relaxing environment as your lifestyle base
- We create ideal and unique structures valuing the above elements and with full consideration given to the people we have met in various situations as well as the relationship to and power of the building site.
By pursuing perfection with the above elements in the forefront of our minds, we infuse each location with meaning and construct strong spaces and buildings that bring locations and people together.
There are many pathways to ideas for creating a unique and high quality space that resonates with all of the five senses, a "Live Space" that fully takes into consideration the strengths of the building site environment.
In addition to creating space designs, Endo Architectural Atelier also organizes the points requisite to each specific building, soars above the physical solutions to those points into the realm of creative production, and offers planning that is comprehensively balanced.
We offer ideal proposals within an optimal cost balance from the customer viewpoint and build designs based on those proposals.

会社概要Company Profile

商号
株式会社 遠藤建築アトリエ
設立
平成6年3月
本社所在地
〒064-0824 北海道札幌市中央区北4条西20丁目1-18
登録
一級建築士設計事務所北海道知事登録4584番
TEL
011-644-0070
FAX
011-644-0071
業務内容
住宅設計-調査・企画・計画・設計・及び監理
建築設計-調査・企画・計画・設計・及び監理
都市計画-調査・企画・計画・設計・及び監理
インテリア設計-調査・企画・計画・設計・及び監理
エクステリア計画-調査・企画・計画・設計・及び監理
家具・備品/サインデザイン
Name
Endo Architectural Atelier Co., Ltd.
Date founded
March 1994
Headquarters
Kita 4-jo Nishi 20-chome 1-18 Chuo-ku, Sapporo Hokkaido 064-0824 Japan
Registration number
Level 1 Architect Design Office, Hokkaido Governor Registration No. 4584
Telephone number
+8111-644-0070
Fax number
+8111-644-0070
Services
Home design-inspection, project management, planning, design, and supervision
Architecture design-inspection, project management, planning, design, and supervision
City planning -inspection, project management, planning, design, and supervision
Interior design-inspection, project management, planning, design, and supervision
Exterior planning -inspection, project management, planning, design, and supervision
Furniture, furnishings and sign design

アクセスAccess

〒064-0824 北海道札幌市中央区北4条西20丁目1-18

地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩12分
新千歳空港から道央自動車道より車で57分
JR札幌駅から車で10分

Kita 4-jo Nishi 20-chome 1-18 Chuo-ku, Sapporo Hokkaido 064-0824 Japan

Car: 57 minutes on the Hokkaido Expressway from New Chitose Airport
Car: 10 minutes by car from JR Sapporo Station

代表プロフィールRepresentative profile

遠藤 謙一良Kenichiro Endo
1959年
小樽生まれ
1978年
小樽潮陵高校卒業
1983年
武蔵工業大学建築学科卒業
1985年
武蔵野美術大学大学院建築学科修士課程修了(竹山実研究室)
1985年
竹山実建築綜合研究所入所
1994年
一級建築士事務所 有限会社遠藤建築デザイン事務所設立
2000年
事務所名を有限会社遠藤建築アトリエとする
2003年
北海学園大学非常勤講師
2006年
NPO小樽ワークス代表
2004~2009年
公益社団法人 日本建築家協会北海道支部 幹事長
2010~2015年
公益社団法人 日本建築家協会北海道支部 副支部長
2016~2020年
公益社団法人 日本建築家協会本部理事・北海道支部 支部長
2020年〜
公益社団法人 日本建築家協会北海道支部支部 顧問
1959
Born in Otaru
1978
Graduated from Hokkaido Otaru Choryo High School
1983
Graduated from the Department of Architecture at Musashi Institute of Technology
(currently called Tokyo City University)
1985
Completed the Masters Course in the Department of Architecture at Musashino Art University (Advisor: Minoru Takeyama)
1985
Entered Minoru Takeyama Architectural Organization Office
1994
Launched First Class Architect Office Endo Architectural Design Office, Y.K.
2000
Changed office name to Endo Architectural Atelier, Y.K.
2006
Transitioned from a limited company to a stock company
資格・所属Certifications and memberships
  • 一級建築士大臣登録 第221159番
  • 日本建築家協会(JIA)登録建築家 第20401109番
  • 北海道建築士事務所協会 所属
  • BIS(ビルディング・インシュレーション・スペシャリスト)認定資格
  • リスクマネージメント協会認定リスクマネージャー
  • Class One Minister of Construction Registration, No. 221159
  • Japan Institute of Architects (JIA) Registered Architect, No. 20401109, Head Office Director, Hokkaido Branch Head
  • BIS (Building Insulation Specialist) Certification
  • Association of Risk Management Certified Risk Manager
  • Hokkai Gakuen University, Part Time Lecturer
  • Architectural Institute of Japan, Hokkaido Branch, Member
  • Hokkaido Association of Architectural Firms, Member
  • NPO Otaru Works Representative
委員・活動等Committee memberships, activities, etc.
2013〜2014年
日本建築学会北海道支部常議員
2014〜2015年
東神楽町まちづくり景観委員
2014~
小樽の歴史と自然を生かしたまちづくり景観審議会委員
2013–2014
Architectural Institute of Japan Hokkaido Branch Permanent Council Member
2014–2015
Higashikagura Town Urban Design Scenery Committee Member
2014 onward
Otaru History and Nature Centered Urban Design Scenery Council Member

スタッフStaff

  • 本間 / Honma

    遠藤建築アトリエの設計デザインは常に新しいデザイン、構造、素材、設備を積極的に取り入れ、チャレンジ精神で臨みます。常に新しい事に挑戦し続けることはとても大変で強い精神力が必要ですが、完成した建築とお客様の喜ばれる姿は格別です。スタッフ一同精一杯お手伝いさせていただきます。

  • 荒木田 / Arakida

    「最良のデザインで応える」設計をしているとき、頭の中にある言葉です。

  • 長谷川 / Hasegawa

    「デザイン」することは、人間の日常生活において必要不可欠なことです。デザインの意味はとても広く、形を創造することだけではなく、行為やルールなどのソフト面もその対象となると思います。「建築デザイン」においても同じで、ハードとソフトの両方を考えることが重要です。私が設計をする上で最も大切にしていることは、関わる人とのコミュニケーションや、その人達の将来を想像することです。建築は目に見える形としてはっきり現れますが、そこに込められた思いこそが建築物の本質であり、豊かさを生み出すものであり、個性をつくるものだと考えています。その思いをくみ取り、整理し、付加価値をつけて意匠的にまとめることが私達の仕事です。また近年の画一的な都市形成には疑問を抱いており、もう少し人や地域に寄り添ったデザインを構築できるような仕事もしてみたいと考えています。

  • 横木 / Yokoki

    建築の持つ力に興味があります。 創ることはいろいろな”きっかけ”をつくることができますが、より多くその”きっかけ”をご提案して オーナー様へのクオリティはもちろん、それを超える良い意味での想定外が生まれるようにご協力できればと考えております。

  • 石月 / Ishizuki

    建物を建てるという行為は、一人では出来ません。オーナー様、施工者、メーカー、スタッフ、接する人全てを信じて前に進む事こそが、より良い建築を創る上で一番大事だと思います。設計を通して出会う人達に、日々感謝の気持ちを持って業務に取組みます。

  • 清水 / Shimizu

    建築とは、住んだり訪れる人だけでなく、そこにあるだけでまわりにも影響を与えるものだと思います。ですので、その建築を使う人や周りの人々の暮らしのデザインにもなると思っています。建築を通して、暮らしが豊かになっていただくよう努力していきます。

  • 野中 / Nonaka

  • 白戸 / Shirato