WORKS

松陰町 光庭をめぐる家

RESIDENCE / 住宅・マンション

構造規模
木造平屋建
延床面積
190.38㎡
建築用途
専用住宅
敷地面積
468.85㎡
建築面積
205.60㎡
所在地
函館市
竣工年
2014年
屋根
塩ビシート防水、スノーストッパールーフJr
外壁
ガルバリウム鋼板立平茸
建具
木製サッシュ、樹脂サッシュ
概要
函館市松蔭町に位置している奥へ細長い敷地において、3つの庭に住空間が絡み合う平屋に薄く長い庇をもつ屋根を敷地いっぱいにかけることで、家の中に居ながら庭をめぐるような空間としました。その庭がそれぞれ、南へ向いた大きなテラスをもつ庭、柔らかな光を取り入れる坪庭、朝日を取り入れる小さな庭といった異なる性格・役割を持つことで、住宅全体でのゾーニングを明快にし、どこに居ても室の用途やそのときの気分にふさわしい光と広がりを感じる住宅となっています。

*位置情報はプライバシーの保護により正確ではありません。