NEWS & BLOG

BLOG

長沼町 Farming & Companyが竣工しました。

長沼町を拠点に、ITと有機農業をこれから展開するシンガポール企業の社屋が竣工致しました。 自然の中で、ITの職務と有機農業を食へ展開する為のクリエイティブキッチンスペースが、広い空間で共存しております。 長沼の森の中で、ゆったりと仕事と創造を実現する、次世代農業空間の提案です。  

株式会社C-TEC 新社屋 地鎮祭が執り行われました。

2022年7月4日大安の午前に、札幌市東区で株式会社C-TECの新社屋の地鎮祭が執り行われました。 建築の省エネルギー基準であるNearly ZEB(ニアリーゼブ)(※ZEB:ゼロエネルギービルディング)を取得した、次世代型の性能を実現し、 南面の公園空地に開かれ、冷暖房はエアコンによる省エネルギーで床下輻射冷暖房の冷暖房共輻射熱による、快適な室内気候の実現を目指した建築です。

EAA 社内勉強会にて、定山渓ファームビューハウスを見学しました。

EAAで月に1度開催している社内勉強会にて、建築家・飯田善彦氏による設計の「定山渓ファームビューハウス」を見学しました。建物用途は休憩所で、果物狩りなどが楽しめる定山渓ファームの高台に位置しています。 崖の上にせり出した建築を実現するため、RC基礎を片持ちで工夫し、その上に空中へ跳ね出す木造のテラス(在来軸組工法)が載っています。挟み梁で庇を構造支持する、シンプルでプリミティブな気持ちの良い建築でした。    

iF DESIGN AWARD 2022 (ドイツ)の受賞盾をいただきました。

2022年4月に受賞しました、iF DESIGN AWARD 2022 (ドイツ)の受賞盾をいただきました。 ※1953年からドイツで開催されている世界で最も権威のある3大デザイン賞の1つiF DESIGN AWARD 2022に、EAA作品の「遠藤建築アトリエ新社屋」「CLT PAVILION」「北海道立北の森づくり専門学院」を応募し、建築を含む7部門、世界49ヵ国10,776件の応募の中から3作品共iF DESIGN AWARD 2022を受賞しました。

フィンランド 木造研究者 EAA訪問

2022.6.3、北海道大学 森 太郎 工学部准教授 ・日本福祉大学 坂口 大史 准教授 とフィンランドの木造研究者2名と歴史学者の計5名がEAAを訪れ、EAA見学と木造について説明し、木造についての様々なお話をしました。研究者メンバーはフィンランドで木造17階建てのプロジェクトを進行中です。

創成倶楽部を遠藤建築アトリエで開催しました。

2022.5.21(土)~22(日)   所属する建築勉強会が遠藤建築アトリエにて開催されました。 通常は東京にて建築の専門家を招いて勉強会を開催していますが、今回はEAA新社屋見学と私のセミナー、作品見学の企画を行いました。 当初、建築の性能が確認できる真冬に勉強会を予定していましたが、コロナ禍で延期し、この度ようやく開催されました。 全国各地から16名が参加し、ZOOMでも全国配信され、木造を主とした建築の寒冷地での環境デザイン、事務所が目指す「アトリエからLaboratory(研究所)」についてお話ししました。 翌日は大型バスでふじのバンビーニ保育園、ちだ歯科クリニック、札幌ミカエル教会、上遠野様のはからいで上遠野邸を見学し、無事終了しました。

札幌石山福祉会南陽荘

1階のコンクリート打設を終え、2階のコンクリート躯体の型枠の工事が進行中です。 躯体に沿ってつくられるR型の庇が型枠で綺麗に作られています。 2階から遠方に広い空の中に山並みを望む景観が広がります。 竣工後に既存施設が解体され、広い庭が前庭に面した、自然と融合した施設を目指します。  

南平岸ミュー歯科

札幌市南平岸で計画し工事を進めておりましたアルファマンション1F「南平岸ミュー歯科」の完成が間近です。 天井が高く明るい開放的空間に、モノトーンの落ち着いた色調に木質の壁・ブースを設け、全室に地窓の石庭を設えた趣のあるクリニックを目指しました。 専用駐車場を備え、最新の医療設備・衛生機器で安心できる地域医療空間を目指します。  

Category
New Posts
Archives