NEWS & BLOG

Post archives

SDGs建築(持続可能な開発目標を持った建築)

JIA(日本建築家協会)は、今年度SDGsをテーマに 各支部での取り組みをスタート。 第1回を北海道支部・北陸支部で近年のSDGsの視点を持つ建築を取り上げ、 SDGsについての可能性と新しい価値の創出についてまとめました。  

豊富町 酪農家の家

JR豊富駅より北西15km離れた丘陵地に 3代続く酪農家の家の新築計画がスタートしました。   10Haの敷地の中心に住居が3棟集約する1棟で 近くに牛舎が配置されています。   平屋を主とし、敷地の水平感に対応した 水平の庇の大きな屋根から大地を展望し 青い空と対話する細長い塔を突出するイメージで 計画がスタートしました。    

札幌市 宮の森の家

住宅街の中で、矩形の東西に長い敷地を活かして、2階リビングでハイサイドライトより通年光あふれる空間を実現しました。 スキップフロアで、一度東側の庭テラスを望み薪ストーブのあるインドアテラスから2階へ向かう光の住まいです。

函館市 ひらた皮フ科クリニック

2020年5月竣工を目指し、ひらた皮フ科クリニックの工事が順調に進んでおります。 4代続く医院の建て替えで、7月3日開院予定。医師2名でスタートします。 内部ホールは吹抜により終日の光が上部から降り注ぎ青い空を仰ぐ気持ちの良い空間です。 先端医療で地域に根ざしたクリニックを目指します。 外観は電車通りから目視できる形態・スケールを考慮し、夕景は光がキレイに灯る 地域と人にやさしいクリニックです。    

ふじのバンビーニ保育園

札幌市藤野に「ふじのバンビーニ保育園」が3月竣工致しました。 0歳児~2歳児まで対象の小規模保育園で、木造の在来工法、木表わしの登り梁の屋根型が意匠として内部空間に表われています。 屋根型は、西側に棟が持ち上がり、ゆるやかな曲面の表現となっています。矩形の平面に曲線の通路が配置され、屋根型の空間に仕切りとしてのブースの三角屋根型が繰り返され、家型の中に小さな家型が組み込まれた親しみのあるやわらかな空間とし、通路の先の窓は森と空の風景とつながる融合する施設を目指しました。

第23回 木材活用コンクールにて「Hokkaido CLT Pavilion」が優秀賞を受賞しました。

第23回木材活用コンクールにおいて、「Hokkaido CLT Pavilion」が優秀賞((公財)日本住宅・木材技術センター 理事長賞)を受賞致しました。   木材活用コンクールHP https://mokusei.net/mkc/2020/04/01/【プレスリリース】「第23回木材活用コンクール」/   全国の大型建築も含め総数173作品の中から、上位7作品までが優秀賞となり、大変名誉ある受賞となりました。

HAKUBA MOUNTAIN HARBORが[Cercle]で世界配信されました。

2018年に竣工した弊社設計の白馬岩岳山頂(標高1250m)に建つ HAKUBA MOUNTAIN HARBORで3月3日夕刻、世界中から 集まった120名の観客の音楽ライブが[Cercle]の企画で開催され、 YouTubeで世界に配信されました。 音楽はグラミー賞相当のミュージシャンで映像はフランスのチーム が7台のカメラで撮影を行いました。 以下から動画をご覧になれます。 https://www.youtube.com/watch?v=Qes68XRikWE

EAAアトリエ見学

北海道大学農学部大学院教授 小泉章夫先生と佐々木貴信先生に2月27日EAAアトリエの見学にお越しいただきました。小泉先生には上棟時の木フレームの段階も見ていただいておりまして、北海道産木材えぞ松やトド松の特性について、また、CLTの木材利用の可能性についてお話しいただき大変勉強になりました。 ありがとうございました。

JIA北海道支部会員 西村武氏 黄綬褒章受章

JIA北海道支部会員 西村武様が長年の建築界の功績で受賞し、お祝いする会が2月21日札幌のホテルで開催され、テーブルスピーチでお人柄と長年の建築界でのご活躍についてお話しさせていただきました。

Category
New Posts
Archives