NEWS & BLOG

Post archives

哀惜 建築家 竹山実先生

9月24日、私の恩師 建築家 竹山実先生が逝去されました。 享年86歳でした。   私が大学3年生時に竹山先生にお話しを聞きたくお会いして以来 竹山先生は他大学の先生でありましたが 大学で3,4年、大学院にて2年間、そして竹山実建築綜合研究所に 入所して9年間の計13年間、師事し先生の著書を含め人生において 大変大きな影響と多くの学びをいただいた偉大な建築家でありました。   2か月待ってようやくお会いした時の言葉は今でも鮮烈に覚えています。 「君は有島武郎を知っているか。彼は大正時代に自身所有の農場を働いている人に 農地開放したのだ。君も私もそんな北海道のリベラルな土地の末裔なのだ」 という話をしてくれました。 特に大学院では建築学科にも関わらず、 一貫して人間・身体・社会・文化・自然・科学・哲学・文化人類学・芸術・環境と 建築を形成するための周辺の領域についてを横断的に学ぶ事が徹底されたことは 時代や社会が大きく変化する中で常に物事の本質を見極め、 新しい可能性を創造する為に必要な学問でした。 真の自由な創造力を最も大切にされる深い知力を秘めた建築家でした。 竹山先生が大切にされた建築史家ギーディオンの“Architecture You&Me”は 良い建築をつくる為には社会的創造力を高める事が大切。 その為のコミュニケーションが重要という社会的発信、啓蒙を 建築家が行う重要性を伝えられました。 今、まさに成熟した社会・都市にとって必要な質の高い文化が求められていることに通じます。   大きな時代の転換期を迎える今こそ、竹山先生の思考は新たな時代を切り拓く 確かな創造的な可能性を多く有し、一端を継承することで 私なりに一歩一歩課題に対して可能性をもった提案に 繋げていきたいと思っております。 大きな力に屈することなくご自身のお考えを極め貫き、 常に優しく遠くを見つめる目線で、未来を拓く若者を大切にするお人柄を偲び、哀悼の意を表します。 コロナ禍で葬儀に出席できず失礼しておりますが改めて竹山先生に ご冥福と御礼と御挨拶の弔問を果たしたいと思っております。   北海道新聞 12月11日(金)朝刊 6面 哀惜 掲載

遠藤建築アトリエ 正社員募集

弊社は正社員3名を募集いたします。 弊社の考えに共感でき、質の高いデザイン力をもち、長期的に働いていただける方を求めています。   1・設計チーフ(1名) 一級建築士をもち、リーダーシップを発揮できる意匠設計経験者   2・設計スタッフ(1名) 建築系大学卒業予定者または卒業後2~3年の経験者   3・インテリアデザイナー(1名) 建築系大学卒業予定者、インテリアデザインを専門的に学んだ方、またはインテリアデザイン実務経験者   ○応募書類 履歴書、職務経歴書、ポートフォリオ ※新卒の方は履歴書、卒業見込証明書、学業成績証明書、ポートフォリオ   ○休暇 土曜・日曜・祝日 その他有給休暇、夏季休暇、冬期休暇等有り   ○福利厚生 社会保険、厚生年金、労災保険、退職金制度(勤務年数による)、さぽーとさっぽろ、民間保険完備   ○諸手当 交通費支給あり   ○賞与 年2回以上(決算状況により年度末決算手当支給)   ○資格手当 一級建築士、二級建築士   ※給与については、経験・能力・資格等に応じて相談させていただきます。 ※グローバルな仕事も多く、英語でコミュニケーションがとれる方を歓迎いたします。   希望者は応募書類をメールまたは郵送でお送りください。書類選考後ご連絡いたします。   メールアドレス:info@endo-aa.net 〒064-0824 北海道札幌市中央区北4条西20丁目1-18 TEL : 011-644-0070 ※お送りいただいたデータは応募選考以外では一切使用いたしません。       ●オープンデスク 随時オープンデスクを受け付けております。所属・連絡先・希望時期など記載しメールをお送り下さい。プロジェクトの補助、模型・パースなどのプレゼン製作、各現場見学など、設計事務所の業務を実体験することができます。     弊社は1994年よりスタートして以来一貫して以下の10の視点でコンセプトを想像し、建築を計画してきました。 1.質の高さ 2.新しさ 3.快適な空間 4.高い環境性能…

EAA事務所開設のお祝いのお花

先日、株式会社KITABAの神長社長が弊社に来訪され 大変素敵なお花をいただきました。 アトリエが大変華やかになりました。 有難うございました。 2020/10/28

オープンデスク

9月中旬より札幌市立大学の2年生2名の 約2週間にわたるオープンデスクにて プロジェクトの模型作業を通した指導をさせていただきました。   また、実務に関してもレクチャーを通して 伝えることができたかと思います。   今回の経験を活かし、充実した学生生活を送る事のできるようスタッフ一同願っております。

Category
New Posts
Archives