NEWS & BLOG

Post archives News List

「白馬ヒトトキノモリ」

2019年オープンした「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」(EAA設計)に続き、現在施工中の「CHAVATY HAKUBA」(EAA設計)(インテリア:KROW設計)が2021年秋に白馬岩岳標高1000mにオープンします。 「白馬ヒトトキノモリ」として10mを超えるネズコの木を中心に森の中の爽やかな風の中で白馬の山並みや白馬の田園風景を楽しむテラスや森の散策を楽しむ空間です。   プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000068296.html  

遠藤出演ラジオがアーカイブに掲載されました。

9/13日に遠藤が出演しました全国ラジオが「建築家のアスリートたち」にアーカイブに掲載されました。 ラジオ番組「ASJ Presents建築家のアスリートたち」2021年9月13日放送|アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社|note

第46回北海道建築奨励賞を受賞しました。

「株式会社遠藤建築アトリエ新社屋」が第46回(2021年度)北海道建築奨励賞を受賞しました。(日本建築協会北海道支部主催) 10月22日18:00より北海道大学工学部建築スタジオにて表彰式と記念講演会が開催されます。

EAA Officeのムービーを制作中です。

新社屋 EAA Officeのムービー制作を進めいています。 ムービーを通して、内部空間の木の美しさやHPShell状に持ち上げられた屋根の迫力、外のマロニエの樹との関係性が生み出す涼しげで気持ちの良い空間等をお伝えする事ができればと思います。 完成後はホームページで公開いたしますので是非ご視聴ください。

本日20:00~ 遠藤が全国ラジオに出演します。

本日、FMラジオ「建築家のアスリートたち」に遠藤が出演いたします。 遠藤が建築やお気に入りの一曲について語ります。ぜひご視聴ください。   ■「建築家のアスリートたち」 20:00〜20:55 000_建築家のアスリートたちラジオ_加盟ラジオ局一覧2006_03.pdf | Powered by Box こちらのURLからご視聴ください。お住いの地域に限らずお聴きできます。

新社屋がABB Leaf Awards2021のファイナリストに選ばれました。

弊社の新社屋がヨーロッパで開催されるABB Leaf Awards 2021のファサード部門でファイナリストに選ばれました。 ファサード部門は5つのProjectから1つだけ部門賞が選ばれ、10月14日にロンドンで開催される授賞式で結果が発表されます。 ノミネートしているProjectはどれも魅力的な建築なので是非チェックしてみて下さい。   ■EAA New Office                 Endo Architectural Atelier https://www.endo-aa.net/works/pick_up/19004/   ■Harvard University Science and Engineering Complex (SEC)  Behnisch Architekten Boston https://www.seas.harvard.edu/about-us/visit-us/allston/science-engineering-complex   ■Galeries Lafayette                     Foster + Partners https://www.fosterandpartners.com/projects/galeries-lafayette/   ■Financial City Community Center              Lacime Architects https://www.archdaily.com/939272/suzhou-financial-center-exhibition-hall-lacime-architects   ■LAND Community Center                 Atelier Ping Jiang https://www.archdaily.com/951057/land-community-center-eid-architecture  

全国ラジオ「建築家のアスリートたち」に遠藤が出演します

■ 9月13日20:00~20:55 「建築家のアスリートたち」   遠藤が建築家に焦点をあてたラジオ番組に出演いたします。 建築についてのお話や、遠藤のおすすめの一曲などが流れます。 ラジオだけでなく下記のホームページからもお聴きいただけるので是非、ご視聴ください。 ASJ Presents 建築家のアスリートたち (asj-net.com)  

社会福祉法人 札幌石山福祉会 南陽荘 入所部

8月18日 札幌市南区で児童自立支援施設の地鎮祭が執り行われました。 この施設は30名の重度の障害がある方々が共に生活する建物です。 職員さんのサポートを受けながら安心・安全で生き生きと生活できる空間を目指し、 見守る職員さんの働きやすさも打ち合わせを重ねながら設計を進めていきました。 日常を過ごす空間として、心地いい空気環境も良好な室内環境を札幌市立大斉藤教授と共同で計画しいたしました。 札幌石山福祉会様からご依頼をいただくのは三件目になります。 私たちも身が引き締まる思いで地鎮祭の日を迎えました。 満足していただけるよう竣工までしっかりと進めて行きたいと思います。  

[展覧会]北海製罐第三倉庫と北運河の未来を拓く 終了いたしました

2021年7月21日~7月25日、市立小樽美術館で開催しておりました展覧会が無事終了いたしました。5日間で320人を越える方々にお越しいただき、セミナーには50人以上の方々にご参加いただきました。 今回お伝えしたかった事は以下の内容です。 1.北海製罐第三倉庫の再生と北運河エリアの再生提案 2.再生実現の為の背景 ①アジア経済の未来と国際観光 ②北海道と小樽のポテンシャル(100年を超える歴史遺産・ウォーターフロントの再生による継承)とビジョン 3.小樽の国際観光都市化 4.小樽の新しい“LIFE STYLE”の街の実現 まだまだ思考と工夫が必要ですが、今の時点で提案を具体化する事は、一般の方々に最もお伝えできると考え図面化致しました。 ご覧いただいた方から多くのご意見・コメントをいただきました。 小樽市長迫俊哉様、北海道議会議員佐藤禎洋様をはじめ、多くの方々にセミナーにもご参加いただきました。 心より感謝申し上げます。 これからも時間をかけて、より良い形で再生と新しい街づくりが実現する為の活動を、広い視野で進めていきたいと思います。   いただきましたご意見・コメントの一部を掲載させていただきたいと思います。 ______________________________________________________________________________ 北海製罐第三倉庫の今後のあり方について 意義深い展示を見せて頂き また、小樽の時間軸を改めて考え直す 貴重な機会を頂き有難うございました。   将来の美しいイメージ画像から 北運河のポテンシャルが伝わり 丁寧に開発することで、 やや乱雑になりかけた現状の観光エリア以上に 北運河エリアが相当クオリティの高い場となることが 伝わってきました。 そうした場と共振することで 第三倉庫が現代美術館として 小樽に新しい人々も招き寄せることや そこに宿泊する高い価値も生むシナリオが 表現されていたと感じます。   今回は、今まで断片的な理解だったNPO小樽ワークスの 様々な文化的活動も見せて頂き 非常に勉強になりました、 感謝申し上げます。 ______________________________________________________________________________ 実体験や深い研究、洞察からしか得られないリアリティと説得力、エネルギーを感じながら、現在過渡期にある都市文化の継承について貴重な勉強をさせていただきました。 ネットの世界でも政治の世界でも、昨今は無作法で無意味な批評・批判が横行し、ポジティブな議論や提案が全くみられない世の中になっているようにも思っていました。 そのような中で、今日の遠藤さんのポジティブで建設的なご講演は、「前向きに未来を拓いていこう!」という思いを改めて湧き上がらせてくれるものでした。   「建築を支えるものは経済である」ときちんと認識することは、社会の中で建築家の役割を果たすために必須であるとわかりました。 「デジタル化が進んだ現代では、身体感覚・場所性・記憶が求められている」というお話も、とても共感しました。 バーチャルが身近に存在する今だからこそ、リアルな建築空間、実体としての建築の力が必要だと信じています。 「志を持った建築家が旗を振って、有志とともに経済を回すしくみをつくることで、建築・文化・自然環境・人々の日常が共存しながら永続性を持ち得る」という道筋のイメージを共有できたと思います。   「建築として良いものを創るだけでなく、社会的な価値を街のみんなと創り上げることが建築家の役割だ」ということは、想うことはできても、実際に行動するのは全く別次元に大変なことだと思います。 ______________________________________________________________________________

7/21~7/25 展覧会に関する重要なお知らせ

7/21(水)から7/25(日)に予定しております市立小樽美術館で行う展覧会「北海製罐第三倉庫と北運河の未来を拓く」について重要なお知らせです。   新型コロナウイルス感染対策として、7月9日に北海道庁より告示されました「夏の再拡大防止特別対策」にて札幌市が重点地域に指定されたことを受けまして、本展覧会及び講演会につきましても札幌市からお越しいただく方におかれましては来場をご遠慮させていただく運びとさせていただきます。   札幌市からの来場をご予定いただいていた方におかれましては、大変恐れ入りますがご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。(2021.07.16)

Category
New Posts
Archives